子供の習い事

子どもの習い事にプログラミングはおすすめ?習うメリットとデメリット

2020年度から、小学校ではプログラミング教育が必修化されました。

本記事では、子供の頃からプログラミングを習うメリットやデメリット、おすすめのプログラミング教室をご紹介してます。

レンパパ

ん??何やってるの??

長男

え?宿題でプログラミングだけど

正直驚きましたね。

この時はコードを書くというよりは、ブロックを動かして行動を記憶させるみたいな感じで言ったいましたが、正直驚きました。

その他にも、プログラミングってなんなのか?といった、プログラミングの基礎などもご紹介していこうと思います。

プログラミングって何?

本題に触れる前にプログラミングについてちょっとだけ解説しておこうかと思います。

子供に習わせたいけどプログラミングについてあまり良く分かってないから不安、などという親御さんは参考にしてもらえればと思います。

プログラミングを簡単に説明すると、「コンピューターに対して指令を出すプログラムを組む」事です。

解りやすくする為に、ここではコンピューターはパソコンをイメージして下さい。

パソコンに実行してい欲しい作業の指令を作る(プログラミング)事で、実際に人間が手動で行う作業よりも素早く、より正確にその作業を行わせる事ができるようになります。

子供が使っているのはビジュアルプログラミングで、プログラミングに必要な要素が、グラフィカルにパーツ化されているんです。

プログラミングには「プログラミング言語」というものを基に様々な指令を組み込むことができます。

プログラミングは我々の身近にもあり、例えば、仕事なんかでも会社や上司が決めた業務(プログラム)を部下が遂行(プログラムを実行)するという流れなんかは正にプログラミングされた事と言えるでしょう。

「Scratch」ブロック型ビジュアルプログラミング

その他、パソコンやスマホで出来るゲームなんかもプログラミングによって作られています。

子どもがプログラミングを習うメリット・デメリット

現代社会ではIT化が進み、将来はよりITによる進化・発展によって社会や生活が大きく変化するであろうとされています。

僕らの時代(レンパパ40代)では考えられなかった授業が小学校であるんですね。

そんな時代の中で、子供にプログラミングを習わせ学ばせるメリットやデメリットについてご紹介しようと思います。

メリット

情報社会になっていく中で「倫理的思考力」を養う事ができます。

倫理的思考力はプログラミング的思考力とも言うのですが、要するに大きな問題を1つずつ小分けにし、その1つ1つの問題点を理解し修正・解決していくことができる思考の事です。

この思考力が身につけば物事に対して大雑把に考えたり軽く考えたりする事が減り、1つ1つの事にしっかりと向き合い考える能力が向上すると言われています。

こうした能力が身につき向上していくと、挑戦していた事を途中で投げ出したりすることが無くなるとも言われています。

プログラミングをする上ではかなりの集中力が必要となり、また、何か1つでも良いのでプログラミングをなし得た時の達成感はとても大きな経験になるでしょう。

子どもの習い事で僕がスポーツをオススメする理由子供の習い事で悩んでいる親御さん達に伝えたい。どんなスポーツでも良いから運動をさせるメリットをお伝えしていきます。...

プログラミングを学ぶには失敗して修正しての作業をひたすら繰り返す事にもなるので自然と諦めない!という気持ちが芽生えます。

他にも、プログラミングスキルは近代社会においては職に困らないというメリットや、稼ぎやすいというメリットもあります。

ひと昔前で言えば「手に職・資格」の様な位置付けになるのでプログラミングができるというだけで将来的に仕事に困りにくいというメリットがあると言えるでしょう。

デメリット

子供のうちにプログラミングを習わせる事での最大のデメリットは多大な費用がかかるという事です。

初期費用だけでも、パソコンで数万円から数十万円、インターネット環境を整えて月々の通信料の支払い、教材類の費用、そしてプログラミングの受講料と、かかる費用の負担が他の習い事に比べると大きいと言えます。

ただし、これは完全に1から全て揃えた場合の話です。

レンパパ

パソコンは新しくスペックの良い必要はないです

元々家庭にこれらの環境が全て揃っていれば実際にかかる費用は受講料や教材費のみになります。

最近ではインターネットの普及も進み、家庭にパソコンやスマホ、その他タブレット等などのデバイスはある程度持っているというご家庭も少なくはないと思います。

1から全て揃えるとなると多少なりとも金銭的にも余裕がないと難しいと思いますのでこの点については無理の範囲でやって欲しいかなと思います。

習い事でおすすめのプログラミングは?

今人気のプログラミングで習い事としておすすめのプログラミングをご紹介します。

レゴ@ブースト


子供に人気の高いブロックおもちゃのレゴを教材としたプログラミング教室です。

レゴを組み立てて自分の思うように動かして遊んだりが出来るので子供でも楽しくプログラミングを学ぶ事ができます。

レゴが教材となっているのでパソコン等といった機器は必要なく、必要なのはレゴとコーティング用の無料アプリとなっています。

小さい子であればパソコンなどといった機械的なプログラミングを学ぶよりも、自分で組み立てたり形を作ったりする事の方が楽しいと感じやすいと思うので向上心や好奇心によるやる気にも繋がるかと思います。

Viscuit(ビスケット)


Viscuit(ビスケット)とは、文部科学省が推奨している、「自分で描いた絵を使用してプログラミングを作成することができる」無料ソフトです。

暗号やコードといった複雑なものは一切使用せず、絵をかいてプログラミングを作成するということもあり、子供でも楽しく行う事ができるのがおすすめです。

その他のアプリやパソコンソフト

上記でも紹介したViscuit(ビスケット)の様な無料で使えるアプリやソフトが他にも沢山あります。

こうしたアプリなどでプログラムを学ぶ最大のメリットは、無料かつ家でも簡単かつ気楽に学ぶ事ができるという点です。

物によっては、体験版は無料、最初は無料といった形で配信されており、気に入ったらお金を払ってより高度なプログラミングを学ぶ事ができる物もあります。

こうした無料のアプリやソフトは「プログラミング アプリ(ソフト) 無料」などでインターネット検索すると沢山のアプリやソフトがヒットしますので気になる方は是非調べてみて下さい!

まとめ:子どものプログラミングはこんな感じ!

プログラミングと言っても様々な内容がありますね。

僕もレゴのプログラミングキットには少し感動しました。

この記事のおさらい
  • プログラミングはコンピューターに指令を出して動かすこと
  • 論理的思考や集中力が身に付く
  • デメリットは家庭に端末がない場合は初期導入で費用がかかる
  • コードを打ち込むでなく、ブロックで覚えるプログラミングもある
  • 無料アプリもオススメ

これからの時代はもっと必須になるかもしれないので、子供が小さいうちに楽しみながら覚えるのもありかもしれませんね!